消防・防災・セキュリティ等

 創業時からの技術開発製品のひとつは、誰でもすぐに見ることができる各自治体の消防署に待機している消防自動車。近づいてそっと流量計のメーターを見てみれば、そこには必ずKGKのマークがついています。名だたるノーベル賞受賞者輩出の企業と性能を競争し、その開発権利を勝ち取った実績の証でもあります。

消防ポンプ自動車用電磁流量計・流量積算計

 国内で広く使われている消防ポンプ車搭載用のKGKの流量計は、ホースの状態に関わらず、適正水量を確保。流量積算計との連動により、正確な使用水量を把握できます。

 

 また、ご要望に応じて開発のご依頼があれば、ご相談下さい。

電磁流量計

 

EMF-300Eシリーズ

電磁流量計
EMS-624Eシリーズ

流量積算計
EMF-300E-CAN-24-C

電磁流量計 CAN Bus対応

周辺パーツ

電磁流量計の周辺パーツに関しては、お問い合わせ下さい。

トラブルシューティング

お客様に確認頂くこと

  1. ・商品型式、Serial№
  2. ・製造年月日
  3. ・過去の修理履歴
  4. ・具体的な症状

 

 基本的な保証期間は、工場出荷後、1年以内です。Serial番号がわかれば、工場履歴でいつの出荷か判定出来ます。

 1年以内は無償対応(修理もしくは、交換)1年以上は、有償対応(修理もしくは、交換)となります。

Q1.流量計表示がまったくしなくなり、動作しなくなったがどうすればよいか。

A.電源電圧、配線が問題ない場合は、表示部単体を取り外して大金電子(弊社協力工場)へ送付してもらう。修理可能か判定→見積発行→受注→修理→商品発送です。

Q2.流量計の電源は入るが、流量を表示しないどうすればよいか。

 ①放水してもゼロ表示のままで流用が動かない?

 ②起動後、表示が横バー4つの表示となっているのか? “- - - -”

A.①の場合、検出部のセンサーが油やグリスなどで汚れている可能性が高いので、センサーの油汚れを除去し、再度流量を確認してください。

A.②の場合。検出部が故障している。

 ①故障原因は主に基板への水分混入。

 ②物理的にコネクタが破損した可能性もありえます。検出部を取り外して送付するのは、コストと時間がかかると判断された場合は、新品で入替えをオススメしています。車輌左右に流量計を搭載し、どちらか1つ(表示部と検出部ペア)が作動中であれば、表示部とそこへの接続ケーブルを入れ替えることで、NG場所をクロスチェックで特定可能です。

Q3.表示部のボタンが壊れて(表面が焼失など)押せなくなった。修理可能ですか?

A.可能です。表示部のみを取り外して、大金電子へ送付して下さい。

B. 修理可能を確認→見積発行→受注→修理→商品発送です。

Q4.配管に水がない、流していない、もしくは、配管内に水が張ってある状態で、本来流量表示に変化がないはずにも関わらず、流量表示が変わる。

A.検出部のセンサーが油やグリスなどで汚れている可能性が高いので、センサーの油汚れを除去し、再度流量を確認する。

B.清掃でも復旧しない場合は、修理可能を確認→見積発行→受注→修理→商品発送です。

 ※「水を流していない状態で、流量計に微量な流量が出ている」というご連絡を頂きます。

 A. 配管の形状により起こることがあります。

 また、送水口以外のところから水漏れしていないことを確認してください。