画像処理ソフトウエア技術

検査の流れを制御するシーケンスソフト、各種アルゴリズムから成る検査ソフト、画像解析に必要なユーティリティソフトから構成されます。


検査画面1

検査画面2

高精度カメラ/照明技術

カメラ技術

テープの広幅化に対応する5000画素10連カメラや、広幅ボードの一括読み取りを実現できる7500画素40連カメラなど、CCDラインセンサの組み合わせで用途別の高精度カメラを品揃え。

照明技術

拡散照明、直射照明、落射照明など、目的により最適な照明を組み合わせて使用。

高速画像処理技術

並列処理アーキテクチャ

カメラ1台に対し、画像処理装置、ソフトウェアが一式割り当てられます。従って、必要なカメラ台数分の処理系をスケーラブルに追加してシステムを構成できます。

高速画像処理ボード(IMTX2)

CCDボードからのデータをリアルタイムで処理し、画像処理に必要な各種テーブルを作成。指定されたデータをPCIバス経由で出力します。



搬送メカ技術

テープ、ボード、ローダー/アンローダー、シート等を搬送するための当社独自のノウハウと技術。

セキュリティ技術

移動物体を感知する動体監視カメラ、画像転送のタイミングを任意に設定できる画像監視システム、その他炎センサーカメラ、電子錠、安全性の高い暗号方式など、セキュリティに必要な要素技術の研究開発を行なっています。

電子錠技術

「鍵」と「シリンダ」を電子化した高性能電子シリンダ。小型電池を内蔵した電子キーと解読用マイクロプロセッサをもつ電子シリンダの間で暗号通信を行ない施解錠する、当社独自の技術です。



太陽熱利用技術

真空を利用し曇天でも高い熱量が取り出せる、新しい方式の太陽熱利用技術を研究しています。

会長の実験室

 私が太陽熱に興味を持ったのは、約10年前、家内とエジプトに旅行にいったときに味わった強烈な太陽エネルギーの強さ(日本の倍以上)に驚いたからです。この強烈な自然エネルギーを利用しない手はないと思いました。

 直達日射量はエジプトも日本も変わらない。様々な文献の調査から行って、実験に入ったのは5~6年前です。色々なコレクターを使って性能を調べて、結局、真空断熱が一番良いことが解りました。どうやって真空を作り、安く、しかも何十年真空を保つことができるかで、今一番苦労をしています。 家庭用と工業用に使うことを考えていますが、非常に広い応用範囲があるので、できたら世界中の人に喜んでもらえると思います。

詳しくは⇒「高真空平板式太陽熱コレクターの開発」